インフルエンザも落ち着いてきました。

初乗り630円、10年前と変わらない運賃。年間のべ5000人が利用。

もう二月も残りわずか、春も少しずつ顔を出して来ました。インフルエンザも落ち着いてご利用者様も一安心です。外出禁止の施設なども福寿草の開花を観に出かけられる様になりました。年間介護タクシーはるは、のべ5000人の利用者様を送迎しております。開業した一昔前は、松本市内もわずかな介護タクシーだけでしたが、10年で市内に二桁の介護タクシーが開業しました。タクシー業界の経営も年々厳しくなっています。10%の消費税の実施とそれに伴うインボイス導入で益々経営が厳しくなります。収入も増えない中での増税は、小規模事業者の息のね止める悪政です。年金暮らしの利用者様が多い介護タクシーも大変になります。

確定申告も3月15日までになります。介護タクシーはるは、民主商工会での講習を経て自主計算で確定申告書を作成しています。景気を冷やす消費税を中止して利用者様が安心してタクシーを利用できるようになって欲しいです。軍事費を削って社会保障にまわす政治に変えれば増税無しで良いと思いませんか。

2019年2月22日

カテゴリー: ブログ